ホーム > menu > 個人が副業で仮想通貨のマイニングで稼ぐには?

個人が副業で仮想通貨のマイニングで稼ぐには?

仮想通貨を手に入れるには、仮想通貨を購入するほか、マイニングという手段もあります。マイニングとは、仮想通貨の新規発行や取引の承認作業のこと。仮想通貨は特定の国や企業に属していないオープンな仕組みを持っているので、やろうと思えば一般の個人でもマイニングに参入することが可能です。マイニングを副業として始める人も増えています。でも、何から始めればよいか分からないという人も多いのではないでしょうか。今回は、副業でマイニングを始める方法を紹介していきます。

そもそも仮想通貨ってなに?

仮想通貨は、実体のないバーチャルなお金のことです。現金は世界中の国の中央銀行が発行している実体のあるものですが、仮想通貨はデジタルな電子データの状態で存在しています。現金は量が増えると財布の中には収まりきらないので銀行に預けるのが一般的です。現金は実体があるため、どうしても保管スペースが必要になります。一方、仮想通貨はデジタルなので保管スペースは必要ありません。ウォレットと呼ばれる仮想通貨を入れる財布で保管し、スマホのアプリなどがあれば持ち運びも自由自在です。

さらに、現金は特定の国が発行しているので海外に行くと使用することができません。仮想通貨の単位は円やドルではなく、BTCなど世界共通の単位です。海外に行っても、日本国内にいるのと同じように使うことができます。日本でも少しずつビットコインで決済できるお店が増えてきてはいますが、海外なら利用できるシーンはもっとたくさんあるでしょう。

現金の流通量は政府と中央銀行がコントロールしています。仮想通貨は特定の国や企業がコントロールしているのではなく、分散型台帳と呼ばれる台帳でネットワークに参加している人たちが自分たちで運営している通貨です。そんな不確かな通貨は信じられない、と感じる人もいるかもしれませんが、仮想通貨の方が確かな面も持っています。なぜなら、仮想通貨はすべての取引がオープンになっており誰でも閲覧できる状態にあるからです。現金は名前を書いておくことはできませんし、これまで誰の手に渡ってきたかを知るすべはありません。しかし、仮想通貨には暗号署名が入っているので、過去の取引の状況がすべて記録されています。取引の正しさは、世界中で、24時間365日、参加メンバーがお互いに承認し合うことで担保しされているのです。

仮想通貨にはどうして価値が存在するの?

仮想通貨の中で最も有名なビットコインは、2008年に「サトシ・ナカモト」という人物が開発されたといわれています。「なーんだ、特定の開発者がいたのか」と思いますよね。しかし、ビットコインはサトシ・ナカモトが単独で開発したわけでも、特定の企業の開発チームが開発したものでもありません。開発者のオープンなコミュニティの中で、サトシ・ナカモトが開発したブロックチェーン技術に興味を持った人たちが分担してコードを書き、徐々に現在のような仕組みになっていったのです。

ビットコインには、初期の頃から開発に関わってきたコア・デベロッパーがいて、ソフトウェアの開発を行っています。彼らは数カ月ごとに世界各地で開催されるビットコインカンファレンスに集まり、今後の方向性を話し合っています。全員が自分の自由意思で参加し、上下関係のないフラットなメンバー間で話し合いによってルールを作り、個々の取引を相互に承認し合っているのです。

デジタルな通貨である仮想通貨はデータに過ぎないので、無限に増やすことができるのではないかという懸念を持つ人もいると思います。それを考えるためには、お金の持つ「信用」を考える必要があるでしょう。大昔、お金は貝殻などの自然にあるものでした。しかし、貝殻は持ち運ぶのにあまり適しているとはいえず、耐久性もありません。そこで金属の採掘・加工技術が発達すると、金や銀などの金属をお金の代わりとすることにしました。

現在、通貨は政府と中央銀行がその流通量を決めていますが、もともとは金や銀などの埋蔵量をもとに交換できる金本位制をとっていました。金(ゴールド)の保有量に応じて、貨幣の発行量が決まっていたのです。ゴールドは埋蔵量が決まっているため、世界中でゴールドの争奪戦が起こりました。実際には、各国が国の経済力に合わせて金を保有することは難しいため、現在の通貨はゴールドとは切り離して発行されるようになっています。ゴールドの保有量に関係なく発行されている現在の通貨は、国に対する信用がその価値を下支えしているといえるのです。

仮想通貨は、すべての取引が記録されているため誰も偽造や改変ができない(はず)、というブロックチェーン技術に対する信用から生まれています。特定の国や企業の思惑によって流通量がコントロールされる余地がないことも理由の一つです。また、仮想通貨はゴールドと同じように発行数の上限があらかじめ決められています。ビットコインは2100万枚発行された時点で打ち止めです。掘りやすいところからどんどん採掘されていくゴールドと同じように、仮想通貨も時間が経つにつれて採掘するのが難しくなります。どんどん取引の記録=トランザクションが複雑になるので、マイニングが難しくなっていくからです。

マイニングってなに?

マイニングとは、仮想通貨を新しく掘り当てる作業と、世界中で行われている取引の承認作業のことです。仮想通貨には、ブロックチェーンの技術が活用されています。仮想通貨の取引は、お互いに承認し合ってはじめて成立しますが、未承認の状態のトランザクションはいくつかのかたまり=ブロックになって存在しています。ブロックチェーンは、暗号化された取引記録が鎖=チェーンのようにつながっていることから、その名がつけられました。ブロックのつなげ方には規則性があり、新しい一連のブロックの最後尾に新しいブロックをつなげるには、規則に則った鍵を見つける必要があります。この鍵を見つける作業が、マイニングなのです。マイニングを行う人のことをマイナーといいます。

先に仮想通貨は民主的な通貨だと説明しましたが、マイナーのモチベーションは報酬です。マイニング作業がボランティアに委ねられてしまうと、マイニングをしてくれる人がいなくなってしまうので導入されている仕組みといえます。ビットコインの場合、承認作業は10分毎のレース形式で行われています。報酬は山分けではなく、勝者総取り。毎回レースで数式を一番に解いた人に与えられる報酬は12.5ビットコインです。1BTC=10万円とすると、承認レースで勝てば125万円の報酬をもらえるので、マイナーはみんな本気でマイニングを行っています。

しかし、マイニングの難易度は少しずつ上がっていきます。大量の計算を素早く行うためには、処理能力の高いパソコンが必要です。パソコンを買って、パソコンを稼働させるための電気代を払ってもペイするだけの報酬を得なければなりません。パソコンは一定時間ごとにクールダウンさせる必要があるので、寒冷地の広い倉庫のような場所でマイニングをしていることが多いようです。日本のように電気代が高い国ではそこまでしてマイニングを行ってもなかなか儲かるレベルには達しないでしょう。本気でマイニングで儲けようと思うなら、電気代が日本の3分の1程度で済む米国や韓国に行くことも考える必要があります。マイニングには資本力が必要なので、マイニングに算入しているのは業者であることが多く、すでにビットコインの場合、個人が参入することは非常に難しくなっているのが現状です。

実際に個人で一般的なノートパソコンを使って、ビットコインのマイニングに参加した人のブログなどを見てみると、24時間で0.00002BTC(約2.4円)の採掘ができたというレポートがあります。同じペースでマイニングを続けた場合、1カ月で得られるビットコインは、72円分です。ノートパソコンを起動してマイニングの処理を行うために必要な電気代は一カ月に約107円ですので、マイニングは続ければ続けるほど赤字が膨らんでいく作業ということになります。仮想通貨のマイニングでは、利益を出すことは不可能にも思えます。

個人がマイニングに参入する方法はあるの?

それでも、個人で仮想通貨のマイニングに参入することは可能です。1つ目の方法は、ビットコイン以外のアルトコインのマイニングに参入することです。アルトコインとは、ビットコインの欠点を補うために開発された仮想通貨のことで、決済の機能だけでなく、送金の機能に優れたものや、決済時間が短いものなどがあります。アルトコインはビットコインに比べると知名度が低いため、資本力のある業者と競合する可能性は少ないでしょう。

マイニングはパソコンの処理能力が勝敗を決めます。ブロックチェーンの最適解を見つける計算機の代わりになるのが、グラフィックボードです。中でも、Radenon、GeForce GTXといったGPU(Graphics Processing Unit)がマイニングに特化したグラフィックボードとして販売されています。これらは複雑な計算を同時並行してブロック作成できるのが特徴で、市販もされています。一般の人でも手に入れることは難しくありません。現在は、消費電力を抑えてより高速にマイニングを行えるASIC(特定アプリケーション向け集積回路)を利用したマイニングが一般的になっています。マイニングに適した性能を搭載したパソコンで、アルトコインのマイニングに参入すれば、将来的な値上がり益も期待できるでしょう。

一方で、アルトコインにはリスクもあります。あまりにもマイナーなアルトコインだと開発がとん挫し、価値がなくなってしまう可能性もあるからです。個人で仮想通貨のマイニングに参入する方法の中では最もハイリスク・ハイリターンな方法といえるかもしれません。

2つ目の方法は、クラウドマイニングを利用する方法です。クラウドマイニングとは、ハイスペックマシンをそろえてマイニングに参加している業者と契約してマイニングに参入する方法です。個人でハイスペックマシンを購入し、マシンを稼働させるための設備や電気代を支払うのは難しいですが、業者に必要な機器や設備を購入してもらい、それをみんなでシェアするという方法であれば取り組みやすいでしょう。ハッシュフレア、ジェネシスマイニング、ビットコインドットコムなどの業者が有名です。

ただし、契約はいつでもできるわけではない点に注意が必要です。業者の機材の都合で契約プランが売り切れになってしまうこともあります。各社のウェブサイトを定期的にチェックし、在庫状況を確認してください。契約期間は1年以上の長期で、契約料は先払いです。マイニングの対象通貨が契約時点よりも上昇すれば、差益を稼ぐことができ、短期間で投資額を回収することもできます。業者によっては、年間の投資利回りが20%を超えるところもあります。クラウドマイニングでビットコイン投資をしている人の中には、毎月数万円のビットコインを手に入れている人もるようです。

一方で、価格が下落した場合は損失が発生します。また、業者が倒産してしまった場合は、投資額を回収できなかったり、回収に時間がかかることもあります。マイニングの方法としては、ミドルリスク・ミドルリターンといえるでしょう。

3つ目は、プールマイニングを利用する方法があります。プールマイニングとは自分のパソコンのマシンパワーをインターネット経由で提供することで、その処理能力の大きさに応じて報酬を受け取ることのできるサービスです。マイナーゲートや、ナイスハッシュなどの業者が有名です。マイナーゲートは対応通貨の種類が多く、自分で通貨を選ぶことができます。ナイスハッシュは相場や採掘の難易度を考慮して最も効率的な通貨が自動で選択されるため、自分で通貨を選ぶことはできません。将来的な値上がりを期待するには、マイナーゲートが適していますが、値動きを気にせず安定的に収益を得たいと考えている人にはナイスハッシュが適しているでしょう。

プールマイニングのメリットは、自分でマイニングをするときのように機材をそろえる必要はなく、クラウドマイニングのように契約料を先払いする必要もないことです。パソコンが1台あれば誰でもマイニングに参加することが可能です。デメリットは、得られる報酬が少ないこと。自分のパソコンの演算処理能力を提供する対価として報酬を得るという仕組みなので、何も改造していないパソコンなら当然のことといえるかもしれません。実際にマイナーゲートでアルトコインの採掘を行った人のレポートによると、普通のノートパソコンでも1カ月あたり3円ほどの利益が出たそうです。紹介したマイニング方法の中では最もリスクもリターンも少ない方法といえます。

スマ―トフォンでもマイニングはできる?

上述した方法でマイニングに参加するには、パソコンが必要です。今やパソコンよりもスマートフォンを使っている人の方が多い時代。スマートフォンは一日に何度も手に取るけれど、パソコンは仕事以外には使わないという人もいるのではないでしょうか。スマートフォンでマイニングにできれば、より手軽にマイニングへのハードルは低くなりますよね。

プールマイニングのマイナーゲートは、Androidスマ―トフォン向けにアプリをリリースしています。これを使えば、Androidユーザーはマイニングに参加することが可能です。ただし、スマ―トフォンはパソコンに比べると処理能力が低いので、その分収益も低くなります。スマートフォンが常時起動している状態になるので、端末が熱くなったり、バッテリーの劣化が早くなったりします。スマ―トフォンでマイニングをするのは、あまり現実的とはいえないかもしれません。パソコンでマイニングができない人は、スマ―トフォンでマイニングをするよりもクラウドマイニングの活用を検討した方がよいでしょう。

マイニングに役立つサイトはあるの?

仮想通貨のマイニングをするなら、まずチェックしておきたいのはCryptocurrency Market Capitalizationsです。このサイトでは、マイナーなアルトコインを含めて多くの仮想通貨の時価総額やランキング、流通量などを確認できます。それに加えてチェックしたいのは、マイニングが可能な通貨かどうかです。よく見てみると、各通貨の流通量のところにアスタリスクがついているものがあります。アスタリスクがついている通貨は、Not Mineable、つまりマイニングができないということです。時価総額トップ10の通貨の中では、リップル、カルダノ、アイオータ、ネムにマイニング不可の表示があります。しかし、ここで確認できるのは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)でマイニングができるかどうかにすぎません。ネムのようにプルーフ・オブ・インポータンス(PoI)によるハーベスティングが可能な通貨もあり、PoW以外の方法で採掘が可能な通貨も含まれています。日本国内でも購入ができる有名なアルトコインとしては、イーサリアム、ライトコイン、モナコインなどがマイニングできる通貨です。

マイニングする通貨の目星をつけたら、収益率をチェックしておきましょう。そんなときにチェックしておきたいのは、WHAT TO MINEというサイトです。このサイトでは、仮想通貨の利益率をランキングで表示してくれます。ただし、仮想通貨の利益率にはさまざまな要素が関係していることを忘れないようにしてください。ブロック報酬や価格、競合マイナーの数、所有しているパソコンのCPUスペック、そして消費電力などです。特に、ブロック報酬や価格、競合マイナーの数は常に変動するものなので、こまめにこのサイトを確認しランキング上位の通貨を選べば、個人でマイニングに参入しても利益を上げることはできると考えられます。

マイニングする通貨を決めたら、次にしておきたいのは収益のシミュレーションです。おすすめはCoinWarz。このサイトではマイニングで得られる収益のシミュレーションが簡単にできます。通貨の対応しているアルゴリズムとハッシュレート、パソコンの消費電力を入力すればシミュレーション結果が出てきます。ハッシュレートとはマイニングが行われるときの採掘速度のことで、ハッシュレートが高い通貨ほど多くのマイナーが参加しているということです。多くのマイナーが参加しているということは、仮想通貨の承認作業が多くの人によって行われるということでもあるので、通貨としての信頼性が上がります。結果として、通貨の価格もアップする傾向にあります。ハッシュレートは、fork.lolまたはblockchain.infoのサイトで確認してみましょう。

例として、ハッシュレートを700H/s、パソコンの消費電力を150ワット/hと仮定してモネロのマイニングをシミュレートしてみます。Revenue/Profitの欄には1日あたりの収益と、電気代を引いた純利益も表示されます。シミュレート時点の収益は2.48ドル、電気代を引いた1日当たりの純利益は2.12ドルでした。マイニングを実行する前にシミュレーションを行っておけば、無駄な投資を行わずに済むので効率的に稼ぐことができます。

仮想通貨を狙った採掘ウイルスに注意

仮想通貨の代表格であるビットコインは2008年に発表されたのち、2011年頃から世界的に注目を集めるようになりました。ビットコインは、実体のある通貨と同じように決済機能を持つだけでなく、投資先としての魅力も持っています。ユーザー数が着実に伸び大幅な値上がりを遂げた結果、サーバー犯罪のターゲットにもなっており、ビットコイン採掘ウイルスも問題になっています。

特に、2017年は、国際社会が経済制裁で圧力が強まる中、北朝鮮が外貨を狙ったサイバー攻撃を加速させていることが報じられていました。5月には、ランサム(身代金)ウェア攻撃を実行し、英国医療機関なども被害に遭いました。その手口はパソコンのデータを勝手に暗号化し、元に戻す代わりに多額の身代金を要求するというものです。その後、ビットコインなどを取扱う韓国の取引所も攻撃したことから、仮想通貨の獲得にも手を広げたとみられています。

トレンドマイクロの調査によると、国別感染割合のうち4割が日本と米国が占めています。日本も決して対岸の火事ではないのです。実際にハッカー集団は、日本のメガバンクも標的にしていたといいます。仮想通貨採掘ウイルスから身を守るために、必ずパソコンにはセキュリティソフトをインストールし、不審なアプリケーションのインストールやSNSの短縮URLをクリックしないようにしてください。

マイニングに参入するのは難しくない

マイニングには技術的な知識が必要なので、一般の人が参入するのは難しいというイメージを持っているかもしれません。しかし、クラウドマイニングとプールマイニングなどのサービスを活用すれば、知識がほとんどない人でも気軽に参加することも十分可能です。

これまで見てきたように、個人が副業として仮想通貨のマイニング行っても得られる収入は大きくありません。一方で、将来有望なアルトコインを見つければ値上がり益を期待することもできます。マイニングは短期的な収益を見ると魅力に乏しいかもしれませんが、長期的にみれば大きく稼げる可能性もあるのです。

個人がマイニングで稼ぐには時間をかけて継続的に投資を行う、長期投資の視点が必要です。そのためには、さまざまなチャネルからの情報収集が欠かせません。マイニングの難易度は時間が経過するにつれて少しずつ上昇しています。仮想通貨のマイニングがどんなものなのか試してみたいというレベルでは、初期投資はほとんど必要ありませんので、まずやってみるのもよいでしょう。

他方、価格が高騰し注目度が高まるにつれて、仮想通貨への不正アクセスも後を絶ちません。被害に遭うことのないように、ITリテラシーを高める努力もしてくださいね。


コメントする